スポンサーリンク
不動産実務

カシオ配列唯一の実用的テンキーレビュー(唯一これしかない)

カシオ配列のテンキーがなくて悩んでいる方へ
勉強・スキルアップ

不動産鑑定士試験独学の始め方

これら3科目は大学の講義をうまく活用すれば予備校通いは正直不要です
勉強・スキルアップ

ABCランクの論点にどれくらいの時間をかけるか

テキスト、問題集ではどれくらいの時間をかけるのが望ましいのか、どれくらいの比率で勉強すればいいのか、勉強できる時間が有限である以上、これは永遠の課題です。
勉強・スキルアップ

択一試験攻略法(理解できない問題でも正解率を上げるテクニック)

択一試験には、能力や勉強量とは全く別のコツがあります。それを知っているか知っていないかが合否を分けることもあるでしょう。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑯(個別分析④)

特に、建物及びその敷地の最有効使用の判定に当たっては、次の事項に留意すべきである。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑮(個別分析③)

不動産の最有効使用の判定に当たっては、次の事項に留意すべきである。 (1)良識と通常の使用能力を持つ人が採用するであろうと考えられる使用方法であること。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑭(個別分析②)

個別的要因の分析上の留意点について対象不動産と代替、競争等の関係にある不動産と比べた優劣及び競争力の程度を把握するに当たっては、次の点に留意すべきである。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑬(個別分析①)

不動産の価格は、その不動産の最有効使用を前提として把握される価格を標準として形成されるものであるから、不動産の鑑定評価に当たっては、対象不動産の最有効使用を判定する必要がある。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑫(市場分析②)

同一需給圏における市場参加者の属性及び行動同一需給圏における市場参加者の属性及び行動を把握するに当たっては、特に次の事項に留意すべきである。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑪(市場分析①)

地域分析における対象不動産に係る市場の特性の把握に当たっては、同一需給圏における市場参加者がどのような属性を有しており、どのような観点から不動産の利用形態を選択し、価格形成要因についての判断を行っているかを的確に把握することが重要である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました