不動産実務

スポンサーリンク
不動産実務

為替介入はありうるのか。前回の介入と今後の可能性

為替に関する話題がこれほど熱くなったのは何年ぶりだろうか。
不動産実務

ついに1ドル144円を超えた為替相場

ついに今週1ドルは144円を超えた。直近ではやや円高方向に戻しているが、円安材料が消えたわけではない。
不動産実務

1ドル140円時代 結局円安は良いのか悪いのか

これはおよそ24年ぶりとのことで、24年前、つまり1998年以来です。1998年とはアジア通期危機の真っただ中であり、日本では消費税増税、日本長期信用銀行・日本債券信用銀行の国有化が行われた時期です。
不動産実務

カシオ配列唯一の実用的テンキーレビュー(唯一これしかない)

カシオ配列のテンキーがなくて悩んでいる方へ
不動産実務

中古マンション購入時の建物チェックポイント(管理編)

中古マンション購入時のチェックポイントとして重要なポイントを解説します。
不動産実務

中古戸建購入時の建物チェックポイント(内部編)

中古住宅購入時のチェックポイントとして建物内部調査の重要なポイントを解説します。
不動産実務

中古戸建購入時の建物チェックポイント(外回り編)

中古住宅購入時のチェックポイントとして重要なポイント(外回り)を解説します。
不動産実務

水道管管径の特徴と引き込み費用

不動産取引や鑑定評価において水道管の調査は重要です。この記事では上水道の管径の特徴と、引き込み管がない場合の減価について考えていきます。
不動産実務

【不動産売買】現状有姿の取引で注意する3つのポイント

不動産は同じものが二つとないことが他の財産とは異なる特徴となっています。 よって、中古住宅を取引する際には、現状のあるがままの状態を優先して取引が行われることになります。 そこで、不動産業の慣習として、中古住宅の取引では「現状...
不動産実務

不動産取引の態様と支払う手数料

不動産の取引を行うには、基本的には不動産会社に行くことになると思います。 しかし、不動産の取引においては、不動産会社の取引へのかかわり方によって、支払うべき手数料が異なります。 ここでは不動産取引の3つのパターンと発生する手数...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました