不動産投資を始めようとしている人へ

不動産投資
スポンサーリンク

不動産投資をしようとしてこのページに行き着いた方、不動産投資は適切に行えば、安定した収入を得たり、不動産の値上がりによる売却益も狙えるものです。

しかし、不動産投資は、不労所得のイメージがあるかと思いますが、完全な不労所得ではありません。また、不動産業者が勧める以上にリスクのある投資です。

投資の前に下記を一読していただければと思います。

本当にいい物件を見つけるのは難しい

不動産投資で一番のポイントは立地や築年数、建物劣化度合いという諸要因よりも、「利益が出る価格で買えるか」です。

どんないい不動産でも、高値掴みをすれば、その分は資産売却時の含み損になりますし、その分投資利回りも低くなります。

そして、本当に適正価格できちんとおいしい利益の出る物件であれば、あなたが買うより前に仲介してくれる不動産業者が買うと思いませんか?そんなに素晴らしい利益の出る物件であれば、担保価値も優れ、当然融資も付きますので、一番最初に情報に触れる不動産業者がまず買います。だって低リスクで、しかも自分の得意分野でのおいしい投資なんですから。

また、そんなに買い手に有利な価格で市場に出ている不動産なのであれば、不動産業者がその有利な価格でいったん購入し、適正な価格であなたに売る(転売)というスキームも考えられます。(三為取引)

これで不動産業者はリスクも負わずに利益確定です。

不労所得と思われがちだが手間は多い

不動産投資は不労所得の代表と思われていますが、管理や修繕の手間は発生しますし、管理会社や工事業者、金融機関、そして入居者との付き合いが必要です。これらは管理業者に委託も可能ですが、その分コストがかかり利回りは下がってしまいます。

これらの手間を手間と思わずに楽しめる、あるいはストレスなくできるのであれば問題はありませんが、不労所得だと思って投資をすると、その手間の多さに驚くことになると思います。

何かとトラブルが多い

不動産投資はその性質上、家賃の滞納や、入居者間のトラブル、建物の損傷に関するトラブル、孤独死、犯罪に使用される等、予想できないトラブルが発生する可能性があります。

これらは大家である投資家の責任ではありませんが、一定数の物件を保有していれば確率的には防ぐことはできないでしょう。もちろんこれらも管理業者に委託も可能ですが、その分コストがかかりますし、発生時には対応費用ということでさらなる持ち出しが発生する可能性もあります。

では不動産投資はよくないか

不動産投資は「不労所得」と安易に考えている場合には、上記で挙げたトラブルや思いもしなかった手間が発生するなど、想像と違うかもよ?ということをお伝えしたかっただけで不動産投資自体は有効な資産形成手法だと思います。不動産投資には

  • 値上がり益を狙える可能性があり
  • 継続的なインカムを得られ
  • 利回りも伝統的資産と比較して高めで
  • 借入によるレバレッジを聞かせた取引により資産を一気に拡大できる

というメリットがあります。

不動産投資は借り入れができることを最大限に生かすことで、一代でも大きな資産を形成することができるのです。(私の知人でも、サラリーマンから十数年で資産90億となった方がいます。)

もともとお金持ちの家に生まれていないけれどお金持ちになりたい人は外すことのできない投資手法でしょう。

一方で、不労所得ではありません。れっきとした事業経営です。不動産投資というよりも不動産経営、賃貸事業経営というべきで、経営に関する技術が必要になります。

その点をしっかり踏まえてから不動産投資の世界に足を踏み入れていただきたいと思います。

そして購入価格や物件選定等、不動産のことでお困りの際はぜひ不動産鑑定士のKanvasまでご連絡ください(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました