不動産鑑定

スポンサーリンク
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑧(地域分析⑦_類似地域)

類似地域とは、近隣地域の地域の特性と類似する特性を有する地域であり、その地域に属する不動産は、特定の用途に供されることを中心として地域的にまとまりを持つものである。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑦(地域分析⑥)

近隣地域の範囲の判定について近隣地域の範囲の判定に当たっては、基本的な土地利用形態や土地利用上の利便性等に影響を及ぼす次に掲げるような事項に留意することが必要である。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑥(地域分析⑤)

③近隣地域の地域分析においては、対象不動産の存する近隣地域に係る要因資料についての分析を行うこととなるが、この分析の前提として、対象不動産に係る市場の特性や近隣地域を含むより広域的な地域に係る地域要因を把握し、分析しなければならない。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章⑤(地域分析④)

①近隣地域の地域分析は、まず対象不動産の存する近隣地域を明確化し、次いでその近隣地域がどのような特性を有するかを把握することである。
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章④(地域分析③)

近隣地域とは、対象不動産の属する用途的地域であって、より大きな規模と内容とを持つ地域である都市あるいは農村等の内部にあって
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章③(地域分析②)

地域分析に当たって特に重要な地域は、用途的観点から区分される地域(以下「用途的地域」という。)、すなわち近隣地域及びその類似地域と
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章②(地域分析①)

地域分析とは、その対象不動産がどのような地域に存するか、その地域はどのような特性を有するか・・・
不動産鑑定

フランクに理解する不動産鑑定評価基準第6章①

鑑定評価理論を学ぶ上でイメージがつかみにくく、最後まで暗記・理解が難航するのは第6章ではないでしょうか。 この連載では、やわらかい言葉で不動産鑑定評価基準及び留意事項の6章がつまり何を言っているのかをざっくばらんに、実務的な観点を踏まえながら解説・コメントするものです。(全文解説します。)
不動産鑑定

不動産鑑定評価と有効数字の話

数字を用いる計算について、どの桁数までの数字が意味を持つのか、これについては理系の出身の方は間違いなく意識していると思います。
不動産鑑定

不動産鑑定評価実務、受験、就職活動で役立ったアイテム

今日は不動産鑑定評価実務、鑑定士受験、就職活動などであってよかったと思っている道具を一つ紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました