中古戸建購入時の建物チェックポイント(内部編)

不動産投資
スポンサーリンク

中古住宅購入時のチェックポイントとして重要なポイントを解説します。

前回はこちら

床下の状態

床下は水や湿気がたまりやすく、シロアリ被害も起きやすい部分です。そのうえ建物の安全上とても重要な部分となります。

現地調査では、台所の床下収納庫を取り外すと、床下の状態がのぞけるようになっていますので、そこを見てみましょう。

床下に水が溜まっていたり、カビのにおいなどがするようであれば要注意です。

専門家に依頼し、調査をしてもらうほうがよいでしょう。

また、外回りの話になりますが、基礎コンクリート部分にある換気口が、地面すれすれまであるような建物の場合、そこから雨が入り込み、水がたまりますので、要注意です。

屋根裏の状態

屋根は雨風を受けて建物を守る重要部分です。

建物の構造上、雨漏りの影響は一番最初に屋根裏に訪れます。

現地調査では、通常押し入れの天井などに、調査のために外せる部分がありますので、そこをのぞいてみてください。チェックポイントは以下の二点です。

雨漏りの跡はないか

雨漏りの跡として木部にシミがないか確認しましょう。もしあるのであれば、屋根がずれていたり、防水シートが外れていることも考えられるため、何らかの防水対策が必要となります。

購入後に修理費用が掛かることを念頭に置きましょう。

断熱材の状態

天井裏の断熱材がずれているか確認しましょう。

断熱材はずれていたり隙間があると、効果を発揮しません。

断熱材のずれは、施工不良のこともありますし、地震等によりずれてしまうこともあります。

その他、木部をつなぎとめる金具が使われていないなどのトラブルもありますが、これは一般の方が見つけるのは大変かもしれません。コーナーの重要部分にあるかといった点だけでも確認し、不安があれば専門家に依頼しましょう。

建具の開け閉め

建物内部では、家中のドアや窓、扉をすべて開け閉めしてみましょう。

開け閉めがしにくければ、建物が傾いている可能性があります。

また、扉を閉めた状態で外の音がうるさく聞こえるようであれば、防音性に懸念があります。

入居後は騒音に悩まされるかもしれません。

音環境は居住の快適性に非常に大きな影響がありますので、怠らずにチェックしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました